ryos36の日記 (Scheme Switch)

 | 

2008-01-24

SICP はどうした?

01:37

再度読んだ。非決定性はいいね。あれは prologue なのか?数式の証明とか出来そう。しかし、あそこで語っている本質はそこじゃないと思う。(そこかもしれないけど、、、)

Prologue 的なルールを入力したら、それで生成できるパターンの一覧を出すなんて言語があればかなり有用だ。これはこれでアイデアをとっておいてと。(そういう要求は顧客からあるのだ。そしてその多くはコンピュータを知らない人。このパターンいくつあると思っているの?とか、これとこれが矛盾するでしょとか。説明するのに相当骨が折れる)

まだ、はっきりしたことは言えないが(違ってるかもしれない)、あそこでやっている解析と評価の分離は中間言語をつくっているということではないだろうか?中間言語というと VM を思い浮かべるが、そんな高級なものではなく、昔懐かしい、Basic中間言語みたいな感じ。N88-Basic とかは打ち込むと中間言語で記憶していたじゃないか。

でメモリをのぞいてぐちゃぐちゃ弄り回したりしてね。(どうでもいいか)

まだ結論は出ていないが、あそこで書かれていることは、中間言語の親戚だと思う。(恐らく作った人はそう思っていない。あるいは言及されていないだけか?読み落としているだけか、、、弱気だな)

 |