結城浩のSICP日記 RSSフィード

2006-06-27

形式と意味のあやなすおもしろさ 形式と意味のあやなすおもしろさ - 結城浩のSICP日記 を含むブックマーク

LispLispを作る話(Schemeですけれど)に関して、ひげぽんさんが、http://d.hatena.ne.jp/higepon/20060625/1151217479 で以下のようなことを書いていらした。

metacircularだと、どこまでが被実装言語の機能で、どこからが実装言語の機能なのか分からなくなってきてしまうのです

ここにこそ、形式と意味のあやなすおもしろさ(メタマジック)があると思いますね。

これは、ここ100年ぐらいの知的話題のうちのトップ10の一つでしょう(大げさ?)。Lispしかり、ゲーデルしかり。

メタフィクションはその親戚筋かな。ソシュール先生もお友達かな。

higeponhigepon2006/06/27 12:04metacircularは気持ちよいのですが本当に境界があいまいですよねー。
境界のあいまいさをそのまま受け入れられる頭の構造になりたいです。

トラックバック - http://sicp.g.hatena.ne.jp/hyuki/20060627